どうやって購入した医薬品が手元に届くのか?

この記事をシェアする

インターネットで購入するときの流れ

通販サイトを利用する際、商品を選択し購入すると宅配サービスによって自宅に商品が届きます。
消費者が運営側に情報を送り、送られた情報をもとに運営が手配する流れです。
しかし、医薬品をインターネットで購入する場合は自宅に届くまでの流れが大きく違ってきます。

まず、消費者は医薬品を購入する際に性別、年齢、症状などの必要な情報をサイトに入力し送信します。
それを受け取った運営側である薬剤師は、消費者が選んだ医薬品の用量、用法、服用する上での注意点などの情報を送信し提供します。
消費者はその情報を受け取ったら、提供された情報を確認したことを薬剤師に返信し報告します。
消費者の返信を確認したら、ようやく医薬品の販売に至ることができ、商品を発送することができます。

このように、薬剤師からの説明が必要な医薬品は、購入までの手間が増えているのです。

ここが不安?購入する際の最終確認

いざ医薬品をインターネットで購入するとなっても、不安が残る人もいるかもしれません。
ここでは、医薬品を購入する際に確認すべきことを紹介していきます。

まずはインターネットで購入する場合も店舗と同じように薬剤師がいるのかどうかという点についてです。
インターネットでも薬剤師か登録販売者の常駐が義務付けられており、実際に実在する薬局や店舗がインターネット販売を行うことが絶対であり、それ以外は認められていません。

また、医薬品を販売しているサイトを見分けるには、「薬局または店舗の管理及び運営に関する事項」という箇所を確認することが必要です。安全な店舗や薬局の販売業者が運営するサイトを選ぶことが大切です。

薬剤師に相談したいことがあっても、実際に店舗に赴く必要がなく、インターネット上でも電話やメールなどで薬剤師に相談することができます。
わからないことがある場合は、問い合わせることが可能なのです。