インターネットでも買える時代に

この記事をシェアする

医薬品の種類について知ろう

インターネットで購入できる医薬品を見分けるには、医薬品の種類について知る必要があります。

一般用医薬品は家庭用医薬品、売薬、大衆薬、市販薬とも呼ばれ、処方箋がなくても購入できる医薬品のことをいい、大きく三つの医薬品に分類されています。
・相互作用、副作用などの面において、特に注意を必要とする医薬品のことを第一類医薬品といいます。
・相互作用、副作用などの面において、注意を必要とする医薬品のことを第二類医薬品といい、鎮痛剤、解熱剤、風邪薬等が含まれます。
・相互作用、副作用等の面において、第一類医薬品や第二類医薬品に分類されない一般用医薬品のことを第三類医薬品といいます。

・医療用医薬品は医師に使用され、処方箋または指示による使用を目的とし処方される医薬品のことをいい、薬剤師からの説明が必要とされます。
・要指導医薬品は2014年に改正され新設された医薬品のことをいい、薬剤師からの説明が必要とされます。

インターネットで買える医薬品

医薬品のすべてが、インターネットで購入できるわけではありません。
今までは『一般用医薬品』と呼ばれる医薬品のうち『第三類医薬品』のみがインターネットで購入できる状態でしたが、改正薬事法が施行されたことにより、すべての『一般用医薬品』が購入できるようになりました。
また、それにともない医薬品の分類が改めて見直され、『一般用医薬品』も販売する方法がより厳格になりました。
それでは、施行された結果どのような区分で分けれられたのかを紹介します。

◯インターネットでの購入が可能な医薬品
一般用医薬品に分類される第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品のすべて

×インターネットでの購入が不可能な医薬品
要指導医薬品
医療用医薬品

体に大きな影響を与えるとされる要指導医薬品と医療用医薬品は、薬剤師から説明を受ける対面販売が義務付けられています。